ファッションに興味があるなら服飾の専門学校に通おう

生活用品をデザインしよう

雑貨デザイナーなどを目指す場合には、雑貨専門学校に通うのがおすすめです。デザインから製作、雑貨バイヤーやショップの経営など、雑貨に関する様々な知識を学ぶ事ができるからです。学費は学校によって異なっていますが、1年で100万から150万円が一般的です。

女性

専門学校か通信教育か

ネイリストの資格を取るためには、専門学校に通って勉強をしたり通信教育で勉強をして試験を受ける必要があります。専門学校では他の生徒の作品や講師の技術を見て学べるという利点がありますが、通信講座では自分のペースで学習できるという魅力があります。

ファッションのノウハウ

ファッション制作

色んな学びが提案

服飾の専門学校では、洋服を一から作るデザイナーや、小売店だけではなく服飾メーカーや卸売業などの販売士としてなど、活躍の場も多彩で、作り手・売り手としての専門的な資格を取得できます。しかしながら、近年、服飾の専門学校を選択肢に入れる年齢層も引き上がり、着物に着目したリフォーム業をはじめたい方からも選ばれているのは、専門性のある学校ならではの利点です。リフォームの基本から、裁ち方やミシン・手縫いのどちらにも対応できる生地選び、着物地の扱い方や洗い方なども指導を受けることができ、自分の手でよみがえる楽しさからも人気を集めています。また、専門学校の中には、本格的な手織りの実習などもカリキュラムに組まれていたり、布がよみがえる裂き織りも講師が伝授してくれるなどの、奥深い手織りまでがマスターできるために、幅広い年代が専門学校を選んでいます。服飾の専門学校と一口に言っても、教師としてや講座として招く専門家も様々で、例えば、リメイクやリフォームコースを設ける学校では、パッチワーク作家が講師として指導してくれます。さらには、プロのスタイリストからの学びも評価されていて、というのも、何を着るかは意外と大切で、肌の色や体型などに合ったファッション・ヘアメイクまでも指導してくれるのも、ファッションやアパレル業界に関心を深めたいニーズから選ばれる理由の一つです。専門学校では、明日からすぐ活かせ、流行りにとらわれずに長く使えるファッションの知識が身につき、より良い提案ができるよう、生地のルーツなどを探る留学などが展開されていり点でも選ばれています。

ネイルチップ

ご自身のペースに合わせて

ネイルの通信講座は、費用をなるべく抑えながら、または、通学や家事をしながら、勉強したい方にベストです。ご自身のペースで、無理なくネイルについて基礎からしっかりと学ぶことが可能です。まずは、ネットで通信講座について情報収集から始めましょう。